株式会社gloopsってどんな会社?

ソーシャルゲームの「大戦乱!!三国志バトル」をご存知でしょうか。大戦乱!!三国志バトルは「Mobage(モバゲー)」で提供しており、2017年5月に配信開始5周年を迎えた人気ゲームです。三国志に登場する数百名以上の武将や軍師で自分だけのオリジナル部隊を組み、様々な計略や奥義を駆使して天下統一を目指すゲームです。そんな大戦乱!!三国志バトルは株式会社gloopsが作ったソーシャルゲームです。gloopsは2005年に梶原吉広さんらで設立され、現在はソーシャルアプリケーション事業を行っている企業です。ではgloopsは一体どのような企業なのでしょうか。

gloopsを設立した梶原吉広さんは福岡県北九州市生まれの実業家であり、現在は人気グラビアアイドルの山本梓さんと結婚し、シンガポールで様々な事業を行っています。現在はgloopsの代表を務めておりませんが、gloopsの躍進させた人であります。梶原吉広さんは友人と三人で2005年有限会社グローバルメディアソリューションを設立します。この企業が後にgloopsになります。グローバルメディアソリューションは当初広告代理店として紙広告を扱い、インターネットとは無関係の仕事をしていたそうです。ソーシャルゲームの事業をはじめたのは数年後であり、はじめたきっかけは梶原吉広さんのソーシャルゲームを事業に入れたら面白いのではないかということだそうです。好奇心旺盛な性格である梶原吉広さんらしいです。

ソーシャルアプリケーション事業をはじめてから数年後の2008年に「渋谷クエスト」という渋谷を舞台にしたゲームが人気を集め、会社が注目されていきます。二年後の2010年にはモバゲータウンでも渋谷クエストをリリースし、勢いがついてきたころ、ソーシャルゲームをメイン事業にします。以降「大熱狂!!プロ野球カード」や「大乱闘!!ギルドバトル」など人気ゲームを提供していきました。2011年に株式会社gloopsに名前を変更します。梶原吉広さんはその数年後にgloopsを売却しました。大熱狂!!プロ野球カードは今でも人気のゲームであるため売却時には何百億もの資産があったことでしょう。現在は李仁代表取締役社長のもとソーシャルゲームの提供を行っています。

ソーシャルゲームは現代にとって気軽に、みんなで楽しめるゲームの代表ともいえます。梶原吉広さんがかつて代表を務めていた株式会社gloopsはこれからも全国各地の方へ「アソビ」を提供するでしょう。またキャリア採用も積極的に受け入れているようなのでgloopsで活躍したいという方も是非、検討してみてください。

ソーシャルアプリケーション事業を行っている企業

株式会社gloopsはソーシャルアプリケーション事業を行っている企業です。2005年に元会社である有限会社グローバルメディアソリューションが設立されたあと、様々な事業展開を行い今は株式会社gloopsとして今の事業を行っています。gloopsは梶原吉広さんがかつて代表を務めていた企業でもあります。梶原吉広さんは山本梓さんと結婚された実業家であり、今はシンガポールで様々な事業展開を行っています。そんな、梶原吉広さんが作り上げたgloopsは一体どのような企業なのでしょうか。

gloopsは「みんなの手に、新しい遊びを。」というスローガンのもと、縄文時代から受け継がれている手の遊びを追求している会社です。情報社会の現代だからこそできるソーシャルアプリケーションにgloopsは着目し、様々な「アソビ」を提供していきました。好奇心旺盛な性格である梶原吉広さんならではの沢山の方に注目して頂けるゲーム作りをgloopsでは行ってきたようです。gloopsの代表ゲームの一つでもある大戦乱三国志バトルは5周年を超えるなど、変わらない人気が今もあります。その他、RPG・カードバトル・RTB・スポーツ・カジュアル・など様々なジャンルのゲームがあるのもポイントです。

gloopsは常に多くの方の笑顔や感動を演出しつづけるために新しい遊びを追求している会社でもあります。かつて代表を務めていた梶原吉広さんは設立当初からどうしたら多くの方に満足して頂ける事業を行えるかを常に考え、行動していたようです。自身の道を自身で決めて突き進んでいった方ならではの企業でもあり、これからも新しい遊びの提供をgloopsはしてくださるでしょう。

gloopsは2005年に設立された当初の有限会社グローバルメディアソリューション時代は従業員3人で行っていたものの今は600人近い従業員がいるそうです。さらに一緒に新しい遊びの提供をし続けるために新しい仲間も募集しているようです。キャリア採用・新卒採用といった採用方法を行っています。世界トップサービスをつくる企業に一人になるのはやりがいと共に貴重な経験にもなると思います。キャリア採用は様々な部門別に分かれており、自身の活躍できる部門を選択し、活躍ができます。働く環境・福利厚生も充実しているこの企業だからこそできる事業展開に携わってみませんか。

梶原吉広さんが代表を務めていた株式会社gloopsはこれからもソーシャルアプリケーションを通して様々な方に「面白い」「楽しい」をお届けするでしょう。これからも梶原吉広さんが設立した株式会社gloopsの活躍に目が離せません。

モバイルエンターテイメントの可能性を追求している会社

ソーシャルアプリケーション事業を行っている株式会社gloopsはたくさんの人へ「遊び」を提供している企業です。常にモバイルエンターテイメントの可能性を追求しているgloopはこれからも人々に「面白い」「楽しい」を提供することでしょう。またgloopsは梶原吉広さんが代表を務めていた企業でもあります。梶原吉広さんは福岡県北九州市出身の実業家であり、人気グラビアアイドルの一人でもあった山本梓さんの夫です。それでは株式会社gloopsは一体どのような企業なのでしょうか。

gloopsは代表を務めていた梶原吉広さんの好奇心旺盛な性格に続き、新たなエンターテイメントの開発を常に行っています。最近5周年を迎えた「大戦乱!!三国志バトル」を筆頭にRPGゲームの「SKYLOCK(スカイロック)」があります。またスポーツゲームの「大熱狂!!プロ野球カード」、そしてカジュアルゲームの「とうふつみ」など様々なジャンルのゲームの開発を行っていきました。gloopsという社名には「グローバルにコミュニケーションの輪を広げるサービスを提供する」という意味が込められています。これからもgloopsはソーシャルアプリケーションを通してコミュニケーションの輪の提供を行っていくことでしょう。

gloopsは2005年に設立された企業ですが当初は有限会社グローバルメディアソリューションという社名のもと、広告代理店として紙広告を取り扱っておりました。設立当初は梶原吉広さんと友人の三名だったそうです。梶原吉広さんらがインターネット事業を取り扱い始めたのは数年後であり、最初は携帯電話向けのSNS「REAL」やWebサイト制作業務などを行っていきます。ソーシャルアプリケーション事業を本格的に開始したのは2010年以降で、事業拡大と人員増加を行ったようです。様々な事業を展開した後に切り札となる事業を発見できたのは梶原吉広さんだからできたのかもしれません。

gloopsの新しいオフィスは六本木一丁目にあります。現在、梶原吉広さんは代表ではありませんが600人近い社員でコミュニケーションの輪を広げるサービスを提供しています。遊びを提供する会社であるため会社自体の環境づくりにもこだわって、社員一人一人が生き生きと働ける環境になっているようです。gloopsはキャリア採用・新卒採用の二つの採用方法をとっており、なかでもキャリア採用は幅広い採用方法があるようです。エンジニアやデザイン・カスタマーサポートなど様々な部門があり自身の得意とする分野で活躍ができるでしょう。

梶原吉広さんがかつて代表をつとめていた株式会社gloopsはこれからも様々な人に遊びを提供することでしょう。また遊びを提供する側になりたいと少しでもお考えの方は是非、gloopsの入社を検討してみましょう。

新しい遊びを配信し続ける会社

ソーシャルアプリケーションの業界で株式会社gloopsは多くの功績を残している企業です。gloopsは梶原吉広さんらのもと2005年8月に設立された企業です。設立当初は梶原吉広さんなどの3名でしたが現在は600人近い従業員のもと、ソーシャルアプリケーションの開発を行っています。梶原吉広さんは福岡県北九州市出身の実業家であり、現在はシンガポールに住みながら様々な事業展開を行っている方です。また人気グラビアアイドルであった山本梓さんと結婚もしています。そんな梶原吉広さんが代表を務めていたgloopsは一体どのような企業なのでしょうか。

株式会社gloopsは、「大戦乱!!三国志バトル」や「大熱狂!!プロ野球カード」など様々なジャンルのゲームがあります。そのゲームをGREE・mobage・iOS・Androidなどのプラットフォームから遊べるゲームの開発を行っている企業です。大戦乱!!三国志バトルは三国志に登場する武将や軍師で自分のオリジナル部隊を組み、計略や奥義によって連合軍同士で競い合うゲームになります。武将や軍師は数百名以上いるため、自分なりにオリジナルでゲームを進めていくほか、周りの友人にも自分の部隊を自慢できたりもするでしょう。gloopsのスローガンでもある「みんなの手に、新しい遊びを」のもとソーシャルアプリケーションが遊びの一つでもあり、コミュニケーションの輪を広げるサービス展開を行っています。これからもgloopsは人々が楽しめるゲームの開発を行って様々な方の手に遊びを送ることでしょう。

梶原吉広さんは2005年にgloopsである「有限会社グローバルメディアソリューション」を設立します。当初はゲームに関連する事業を全く行っていなく、紙広告による広告代理店を行っていたようです。数年後に梶原吉広さんがモバイルゲームを事業に取り入れたら面白いのではないかと好奇心旺盛な方ならではの着目で事業をはじめたようです。この好奇心旺盛な性格がgloopsを成功へと導き、現在は様々なプラットフォームを通して人々の片手にとってもらえるソーシャルアプリケーション事業になったようです。海外も視野に入れていたgloopsですが今は日本のみにして、日本中のすべての方にgloopsのゲームを楽しんでもらえるよう事業展開を行っているようです。梶原吉広さんは現在gloopsの代表ではありませんがこれからもgloopsの活躍は期待が高まります。

梶原吉広さんが代表を務めていた株式会社gloopsはこのようにたくさんの方に愛されるような事業を行っている企業です。キャリア採用なども積極的に行っているためソーシャルゲーム開発をしたい方にとってこの企業は強い味方になるでしょう。

株式会社gloopsの代表を務めていた方の経歴を事業と共に紹介

株式会社gloops(グループス)をご存知でしょうか。gloopsは2005年に設立されたソーシャルアプリケーション事業を行っている企業です。李仁代表取締役社長のもと、様々なゲームを開発しお客様に楽しまれていきました。そんなgloopsは福岡県北九州市出身の実業家であり、グラビアアイドル・タレントとして人気を誇り、多方面で活躍していた山本梓と結婚した方である梶原吉広さんが代表を務めていた企業でもあります。こちらではgloopsの事業とともに梶原吉広さんの経歴ついて説明します。

株式会社gloops創設者である梶原吉広さんは北九州で育ち、幼少期から常にチャレンジする性格で好奇心旺盛だったようです。また自分の考えを信じて実行していくことが小さなころからできた方だったのです。実業家の方の多くは自身の進む道を自身で考え、突き進んでいく性格の方ばかりのようで梶原吉広さんもそのような方であったと想像できます。中学時代の趣味はDJであったり、高校時代はイベント企画を行ったりなどもしていることからきっと興味を持ったことはすぐに実行していたのではないでしょうか。イベント企画は1人ではできないことですし、学生時代から周囲の方からの信頼も絶大だったことでしょう。

梶原吉広さんはその後、2005年に友人と3人で現株式会社gloopsの前身である有限会社グローバルメディアソリューションを設立します。グローバルメディアソリューションは現在のgloopsと違い、無関係の広告代理店として紙広告を扱う事業を行っていました。ソーシャルゲーム開発を行うようになったのは3年後であり、今後この事業を進めていったら面白いと感じ開発を行っていきました。好奇心旺盛の梶原さんらしい事業開始のきっかけです。けれどもなかなか素人であるため、最初はなかなか苦戦していたと言われています。なかなかうまくいかないながらもモバイル事業も行い、携帯電話向けのSNS「REAL」をはじめたりもしますが、ユーザーも集まらずそう簡単にはいかなかったようです。

ですが、2009年にはじめたゲーム「渋谷クエスト」がじわじわと人気を集め、会員数は一気に30万人にものぼったそうです。10人のメンバーでサーバー管理をしていたため人気になってもその仕事量は過酷であったようです。その後、ブレイクしたグローバルメディアソリューションはソーシャルゲーム事業一本に絞り、現在は株式会社gloopsへと変化し、様々なソーシャルゲームを展開しました。

現在、梶原吉広さんは代表ではないものの、妻の山本梓さんと共にシンガポールに住み、様々な事業展開を行っています。梶原吉広さんとgloops、ともに今後も活躍が期待されます。

[人気サイト]・・・青年実業家梶原吉広のヒストリー | 梶原吉広の人生について紹介!